www.rikonnosoudan.com

FX取引の経験がない方が為替の大切なところを理解するには、最初に取引を重ねていく事が大事です。前もってピンチを予期するようになるためには、負けを積み重ねることも大事です。マイナスになるといっても大きなミスをしてはいけない。取り戻せるぐらいの過ちを数度積み重ねることが、最終的に自身の経験を増やしてくれる。この考えではまずはわずかな額で投資して、これで数度ちょっとしたマイナスを経験することをおすすめします。たとえば、100万円しか資金がない状態で、考えなしで全部投資してトレードすると、損した時二度と元に戻せないリスクがあります。それよりも、ひとつの例として1割ずつ分けて売り買いしてそれでトレードを経験した方が、着実に失敗を埋め合わせる技術なども覚えるはずです。はじめに少額資金で売買する事の有益なところは既出の通り、自分自身の経験値を高め間違いを制御する手段を身につけることにあるがそれと一緒に、注文の回数を増やして危険性を小さくできるという良いところもあります。例として、1回あたりの注文で儲けられる可能性が5割だとしよう。ということは、同じ確率で損する危険性もあるということになる。勝率50%ということは二分の一の率で利益が出る事を現しています。ところが、全ての資金を注ぎ込んで1度だけのトレードをするということは、明確な勝ちか、負けのいずれかになります。そのままではたんにギャンブルと同じです。要するに、全てを投資して1回だけしかトレードしないと、その分だけ負ける割合が大きくなります。だから、お金を1度にすべて使うのではなく少しずつ分けて、チャンスを増やす事がリスク分散となります。ただし何度かに分けたとしても、全てのエントリーで利益を出す必要はありません。と言うよりは、勝利する事が出来ないのが現実だ。勝負で不可欠なのは、勝つ確率ではなく、どのようにプラスに出来るかです。勝率5割でも、また勝率が低くてもプラスにする事は出来ます。それ以上負けてもその収益がわずかならば3割の勝ちの儲けの大きさで相当稼げます。そのためには、損失を小さく、利益を大きくを心がけることだ。損益が出たらすぐに損失を確定してそれとは反対に儲けられる場合は出来るだけ大きく利益を出す事が、FX取引の経験の浅い方が外為取引でプラスになるための方法です。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.rikonnosoudan.com All Rights Reserved.